2018/10/19(金) 23:33


 今日は、総務大臣政務官として、幕割メッセで行われているCEATEC JAPAN 2018(シーテック ジャパン 2018)を視察しました(写真1段目、2段目)。

 「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指し、情報技術などの新技術を活かし、経済発展だけでなく、社会的課題解決を可能にしていく技術の展示会です。

 20か国以上約700もの展示が行われ、様々な展示を視察させていただきました。

 自動運転やキャッシュレスの促進、オリンピック会場での入場検査システムなど近々実用化されていく技術を体験しながら、我々の生活を大きく変える技術の動きを実感しました。

 午後には、自民党専修学校等振興議員連盟の一員として、外国人留学生の我が国での就職促進に関する決議を柴山文部科学大臣に申し入れました(写真3段目)。

 日本で学んだ後に日本に残り就職したいと希望する留学生でも我が国での就職が難しいのが現状です。
 この状況を変え、有為の人材を活かすためにも制度改革を求めました。

 夜は、尾崎行雄 生誕160周年の集いに出席しました。
 憲政の神様、議会政治の父と呼ばれる尾崎行雄に、私も議会人の一人として思いを馳せました。

 尾崎行雄の「人生の本舞台は常に将来にあり」という言葉は私の座右の銘です。

 続いて、作家の大下英二さんが私の政務官就任のお祝いの会を開いてくださいました。
 お祝いしてくださる皆様のお気持ちに感謝でいっぱいです。


HOME