2021年06月
 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021/06/29(火) 23:44

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、二之江小学校が国会見学に来てくれました。
 朝からの雨のためか、渋滞に巻き込まれ、バスの到着が遅れましたが、無事子どもたちは国会見学を終えることができました。

 今日は朝から、国土交通省の公務で、会議や打ち合わせの連続でした。

 午前中には、仙台市長が、仙台市における幹線道路整備、浸水対策事業に対する財政措置などについて陳情にいらっしゃいました。同行した土井亨議員から、仙台市を取り巻く状況を丁寧に伺いました。

 午後には、国土交通省防災・減災対策本部に大臣とともに出席しました(写真上)。
 「総力戦で挑む防災・減災プロジェクト」の第2弾をとりまとめていただくとともに、豪雨災害や台風などの被害が頻発するシーズンを前に、いま一度関係各所との連携を確認し、災害に備えました。

 夕方には、国際会議となる、2027年国際園芸博覧会に係るBIE(博覧会国際事務局)総会に我が国を代表してWEBで出席し、スピーチを行いました(写真下)。

 2027年に横浜で開催される国際園芸博覧会は、2027年の博覧会から、国際博覧会の中でも最上位のクラスのものとして開催することを目指し、BIE(博覧会国際事務局)に対し、我が国の立場の理解を求め、スピーチを行いました。

 園芸は、イギリスのガーデニングをはじめ、世界各国でそれぞれの国や地域の文化、気候を反映する形で発展してきた芸術です。
 我が国においても、庭園づくりや盆栽など様々な園芸が文化として醸成され、世界的にも注目を受けています。
 こうした状況の中で、国際園芸博覧会の地位を高めることに、我が国としても積極的に取り組んでいくことを参加国の皆様に、英語でスピーチさせていただきました。

 都議会議員選挙は5日目を迎え、中盤戦に入りました。
 国政における政権与党である自民党には、国政に対する様々なご批判があり、都議会議員候補たちもそのご批判の声に晒され、厳しい選挙戦を戦っています。
 江戸川区においても、宇田川聡史候補、大西洋平候補の両候補ともに、厳しい戦いです。
 
 少しでも、国政の評価が高まっていくように、国土交通副大臣として、しっかりと公務に励んでいきたいと思っています。

2021/06/28(月) 23:34

クリックすると大きい画像で見られます

 都議会議員選挙は4日目を迎えています。
 7月4日 日曜日の投開票日までにいかに皆さんに自らの考えを訴え、支持を広げていくかが要ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、密を避け、屋内での個人演説会は行っていません。

 宇田川聡史候補、大西洋平候補ともに、街頭演説を繰り返し、皆さんに接する機会を増やしています。
 皆さんの声をつぶさに聴くべく、大西洋平候補は自転車を活用して、街を駆け回っています。

 考えを伝え、支持を拡大するには、候補の力だけでは限界があります。
 支援者の皆さんからも、ご家族、友人、知人に是非お声掛けをお願いします。

 一番効果があるのは、友人、知人同士の口コミネットワークで、宇田川聡史候補、大西洋平候補をお勧めいただくことです。

 何卒、両候補の支持拡大をよろしくお願いいたします。

 期日前投票が行われています。期日前投票を活用して、宇田川聡史候補、大西洋平候補への投票をお願いいたします。

江戸川区の期日前投票所 ← ここをクリック

「期日前投票には何を持っていけばいいのですか?」(江戸川区ホームページ) ← ここをクリック

2021/06/27(日) 23:43

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、いつ雨が降るのかというのを気にしながらの一日となりましたが、天気予報よりも随分と天気がもってくれた一日でした。

都議会議員選挙は3日目で、大西洋平候補の応援に萩生田光一文部科学大臣が応援に入り、精力的に活動しました。

宇田川聡史候補も地域を丁寧に回り、区内各地で街頭演説を行いました。

新型コロナウイルスの影響で、屋内での個人演説会を行わず、街頭演説中心の活動となっています。

私も、街頭演説などで皆様に、大西洋平候補、宇田川聡史候補の主張を広げていき、当選を勝ち取れるよう取り組みます。

2021/06/26(土) 23:20

クリックすると大きい画像で見られます

 都議会議員選挙は2日目です。

 宇田川聡史候補、大西洋平候補ともに精力的に自らの考えを有権者の方々に訴えかけています(写真)。

 本日より、区役所、各区民館や葛西アリオなどで期日前投票が始まっています。
 投開票日当日の7月4日の天気は梅雨の中ですので、なかなかわかりませんし、ご予定のある方もいるかと思います。

 ぜひ、期間中のご都合の良いときに期日前投票を行ってください。
 投票権をお持ちになれば、スムーズに投票ができますが、規定の書類を出していただければ投票権がなくても投票ができます。

 明日からは天気が不安定となる中で、ぜひ期日前投票を活用して、宇田川聡史候補、大西洋平候補への投票をお願いいたします。

江戸川区の期日前投票所 ← ここをクリック

「期日前投票には何を持っていけばいいのですか?」(江戸川区ホームページ) ← ここをクリック

2021/06/25(金) 23:41

クリックすると大きい画像で見られます

 いよいよ都議会議員選挙が告示されました。7月4日の投開票日まで、9日間の戦いが始まりました。

 地方議会は、首長との二元代表制であり、首長を監視し住民のための政治を行うように促す役割があります。
 これまでの4年間、都議会は、都民ファーストが議会第一党となり、都知事の言いなりになるばかりで、都議会本来の役割を果たしてきたとは言えません。

 自民党は60名の候補を公認し、都議会第一党、全員当選を実現し、都民のための都議会を取り戻し、都議会本来の役割を果たしていきます。

 今日は、現職の宇田川聡史候補、新人の大西洋平候補の出陣式にそれぞれ出席し、ご挨拶しました(写真)。

 現職の宇田川候補は、都議会自民党幹事長、政務調査会長、総務会長の要職を歴任する議員で、5期目の当選を目指します。

 新人の大西洋平候補は、区議会3期10年の実績を活かし、江戸川区と東京都のパイプとなり、都立公園の高台化や都県橋の実現など、防災に大きく資する事業に意欲を燃やしています。

 私も、自民党江戸川総支部長として、江戸川区での2議席獲得のために、精力的に活動していきます。
 コロナ禍の中での選挙戦、従来のやり方とは異なり、屋内での個人演説会などは行わず、駅や辻々での街頭演説などで皆さんに訴えてまいります。
 街中でお見かけの際は、ぜひ耳を傾けていただき、宇田川聡史、大西洋平の両候補をよろしくお願いいたします。

1 / 6

メールはコチラをクリックして下さい
  地図を見る