2018年04月
 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
new!
2018/04/19(木) 23:48

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、中小企業・小規模事業者政策調査会経営力強化委員会で、各業界団体の皆さんのご意見を聞くことからスタート。

 午後は、本会議に出席し、鈴木俊一 オリンピック担当大臣の衆議院議員 永年議員表彰が行われました。
 岩手県選出の鈴木議員から、2011年の東日本大震災当時落選中であったことで震災対応や震災復興において思うように尽力できなかった後悔と、政治への思いを伺いました。

 財務省の福田財務事務次官が辞任しました。セクハラ報道による混乱で職務を全うすることが困難になったことでの辞任です。
 その後、やり取りの相手がテレビ朝日の記者であることが発表されたことで、福田事務次官がああしたセクハラ行為を行ったことはほぼ事実であったことが立証されました。

 今回の件では、自らの立場を利用しセクハラ行為を行ってきた福田事務次官は言語道断であり、財務省が文書書き換え問題の渦中にある中でゆゆしき事態です。被害者の女性記者にとって、大変苦しい体験であっただろうと思い至ります。

 一方で、被害者の女性が決死の覚悟で、自社で報道して欲しいとの訴えを財務省との関係性を思い、もみ消したテレビ朝日についても、しっかりとした検証が行われなくてはいけません。

 不正を告発した方が保護されなくては、不正が正される機会を失い社会にとって大きな損失です。

 今回の問題は、財務省、テレビ朝日それぞれにまずは自分たちの組織においてしっかりとした原因究明と再発防止に取り組んでいくべきです。

 そのうえで、国会においても必要な対応をしながら、国民にとって必要な審議はしっかりと行わなくてはいけませんが、野党は国会審議をすべてストップしようとしています。

 まず、今回の問題を理由に、麻生財務大臣がアメリカ ワシントンで行われているG20財務相・中央銀行総裁に出席することに反対し、海外出張の許可を出しませんでした。
 1年に1度、世界経済の方向性を話し合う重要な会議であるうえに、来年は日本が議長国を務めることから、大臣の出席が必須の会議でしたが、野党は反対しました。

 福田財務次官の問題が一切関係ない他の国会の委員会についても審議拒否です。
 国民の生活を置き去りにし、党利党略でしか行動しない野党の国会運営に憤るばかりです。

 安倍総理は、アメリカで、トランプ大統領とゴルフや晩さん会で交流し、正式な会議以外の場でも緊密に意見交換を行っています(写真)。
 北朝鮮問題において、拉致問題解決に向けて、トランプ大統領やアメリカ政府から積極的な発言が相次いでいます。このアメリカの姿勢をうまく活かし、日本人拉致被害者の奪還へと繋げていかなくてはいけません。

2018/04/18(水) 21:30

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、朝から国土交通委員会に出席しました。
 今日はバリアフリー法についての審議です。

 先日、江戸川区内の駅のホームドア設置について説明を受けました。
 都営新宿線については、篠崎駅の5月19日からの運用開始を皮切りに、瑞江駅、大島駅で運用開始され、平成31年度中には都営新宿線全線でホームドアが運用されます。
  
 一方で、JR新小岩駅では、平成31年3月までに、平井駅、小岩駅では、平成32年春までに、と計画され、少し先の見通しとなっています。東京メトロ東西線 葛西駅、西葛西駅に至っては、平成36年度末までには設置という遠大な計画です。

 ホームドアは、駅での転落事故防止に大いに効果があり、特に視覚障害者の方をはじめ障害者の方の事故防止に役立ちます。私自身、これまでも転落事故防止に関心を持ち、鉄道事業者に啓発活動以上の行動を強く求めてきました。
 今後も、バリアフリーの観点からもホームドアの設置を進めていくことを促していきたいと思います。

 夜はお世話になった方のお通夜に参列した後、地域の方と会食し意見交換を行いました。

 安倍総理が、訪米し、アメリカのトランプ大統領と日米首脳会談を行いました(写真)。
 北朝鮮問題では、核、ミサイル問題だけではなく、日本人拉致問題も議題となり、核・ミサイルの放棄の実現まで最大限の圧力を維持することで一致しました。
 近時の日米の貿易問題についても真摯な意見交換が行われました。

 安倍総理はアメリカで大変な歓迎を受け、トランプ大統領との親密なやり取りが展開されました。
 確かに外交は、国益と国益とがときには衝突し、峻烈なやり取りとなることもあります。しかし、同盟国アメリカとの関係において、安倍総理とトランプ大統領との間に親密な信頼関係があることは日本にとって大きな財産です。
 1年ごとに総理が変わっていた時期にはなかなか得られなかった世界各国首脳との人間関係を培ってきたことは、第二次安倍政権の5年半に及ぶ外交の積み重ねの成果の一つです。

2018/04/17(火) 18:13

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、海事立国推進議員連盟で「海の日」のあり方について議論が行われました。
 続いて、中小企業・小規模事業者政策調査会事業承継小委員会では、事業承継について銀行協会など融資する側の有識者からご意見を伺いました。

 お昼には、原子力政策・需給問題等調査会では、ガス改革、原子力を巡る状況など近時のエネルギー関連政策について議論を行いました。

 午後は、本会議、国土交通委員会に出席しました。

 夕方には、伝統と創造の会 歴史認識勉強会に出席し、有識者の方からお話を伺いました。

 さらに、赤字ローカル線の災害復旧に関する「鉄道軌道整備法改正(案)」の早期成立を目指す集会に出席しました(写真)。
 JR只見線は、2011年の台風で一部が不通のまま復旧していません。こうした鉄道の復旧に公的資金を入れるには、その路線を運営する鉄道会社そのものが赤字でないといけません。
 私たちは、議員連盟の活動を通じて、鉄道会社ではなく、その路線が赤字であれば公的資金を投入できるように法改正をすべく進めています。

 今日は、それぞれに復旧していない赤字ローカル線を地元に抱える、内堀福島県知事、小川福岡県知事、樺島熊本県知事、広瀬大分県知事が集い、法改正を求めました(写真上は、内堀 福島県知事)
 私は、亡き父が福島県只見町出身である縁から、JR只見線の復旧に取り組んでいます。住民の生活路線であり、日本一の紅葉を始めとした風景を擁する只見線を一日も早く復旧させなくてはいけません。

 財務省の福田事務次官の女性記者に対するセクハラ発言疑惑が世間を騒がせています。

 この報道について福田事務次官はこのやり取りは女性記者とのものではないと否定しました。
 事態の真相は、今後のさらなる調査を待たなくてはいけませんが、報道に対して真っ向から否定する以上は、よほどの根拠があってのことと思います。
 
 仮に、福田事務次官の発言が正しいとするならば、記事はねつ造もしくはヤラセということになり、表現の自由に名を借りた暴挙と言わざるを得ません。
 福田事務次官は、報道により、財務省事務次官としての職だけではなく、役人人生、ひいては人生そのものを否定されようとしています。
 
 マスコミは、ことさらに週刊誌報道が全面的に正しいことを前提にメディアスクラムを組んでいますが、事態の真相を慎重に見定めなければ、逆に重大な人権侵害となりかねません。今後も、事態を注視しなくてはいけません。

 安倍総理が、日米首脳会談のために渡米しました。北朝鮮問題、アメリカのTPP復帰など、多くの課題が前に進むことを期待します。

2018/04/16(月) 22:05

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、江戸川区議会自民党 各種団体研修会・懇親会が開かれ、茂木敏充 経済再生担当大臣が講師としておいでくださいました(写真)。

 TPPについても所管する茂木大臣は、アメリカが離脱を宣言してからの加盟11カ国をとりまとめ、今回のアメリカのTPP参加再検討の流れを導きました。今後どのような動きになっていくのかを含め、今日は区内の各種団体関係者を前にお話をしてくださいました。

 日頃から江戸川区議会自民党をお支えくださっている皆さんと、茂木大臣の有意義なお話を伺う機会を得たことは嬉しい限りでした。

 昨日投開票がありました、練馬区長選挙、区議補欠選挙では、自民党公認・推薦候補が全員当選することができました。

 この練馬区議会議員補欠選挙で特筆すべきことは、小池都知事の衆議院議員時代の選挙区であり、ホームグラウンドともいえる練馬区で、都民ファーストの候補が2名とも落選したことです。

 豊洲・築地市場問題では、「豊洲、築地両方に市場機能を残す」かのような発表をし迷走と混乱をもたらしたうえ、思い付きのような希望の党結党、その後の代表辞任で、その都政運営や政治姿勢に批判が高まっていた小池都知事ですが、今回地元の区議選での惨敗により、都民はもうだまされないことが示され、小池都知事にNOが突き付けられることとなりました。

 小池都知事、都民ファーストに関しては、都民ファーストの都議の質問を東京都顧問が丸ごと作成したとされる「やらせ質問」問題が明るみになりました。行政と議会の二元代表制の根幹を揺るがす事態であり、小池都知事が従来批判してきた「行政と議会の癒着」そのものであるどころか、さらに悪質な形です。

 今後とも健全な都政を取り戻すためにも、小池都知事、都民ファーストの行動に厳しい目を向けていかなくてはいけません。

 森友学園問題、加計学園問題では、希望の党の玉木雄一郎代表が「安倍首相は嘘つきだ」などと強い言葉で批判しています。
 安倍総理が嘘つきだという批判も的外れですが、そもそも希望の党こそ国民に嘘をついているとしか思えません。

 もともと希望の党は、結党の際に、憲法改正に賛成、平和安全法制についても現実的な安全保障を見据えていく、としてスタートし選挙を戦いました。
 しかし、今回、民進党と合流するにあたり、「憲法改正反対、平和安全法制は憲法違反」という民進党の政策に全て合意するとのことです。
 これこそ、選挙の時と全く言っていることの違う、国民を欺く行為です。
 このように、自分達のことを棚上げにし、ひたすらに安倍総理や政権へ悪口雑言を繰り返す野党の在り方に悲しみを覚えます。

2018/04/15(日) 23:15

クリックすると大きい画像で見られます

 土曜日は、今年1月に亡くなられた野中広務先生の、京都で行われたお別れの会に参列しました。
 野中先生は、京都府園部町議から町長、京都府議、京都府副知事を経て衆議院議員になられ、官房長官や幹事長を務められた、まさにたたき上げの政治家です。

 安倍総理が次のように追悼の辞を述べられ、野中先生を偲ばれました(写真上)。

 「先生は、戦争を知る最後の世代で、平和の番人たる先生の発する言葉は心の奥にまで響くすごみがありました」さらに、1994年の自民党の政権奪還に関して「先生がいなければ自民党の下野の時代を乗り切ることができなかった。今に続く自公政権の礎を築いてくださった」と、野中先生のお人柄と思い出を語られました。

 住民の声に常に耳を傾け、現場主義を貫き、かつ現実的な解決方法を常に模索した野中先生を会場全体で偲びました。

 日曜日には、藤澤進一議長の毎年恒例のパーティーに参加しました(写真中段、下段)。
 議長として区政を盛りたて、自民党区議として区民の声をまとめ地域を活性化している藤澤議長のもとに大変多くの方々が集まりました。

 来年の統一地方選挙では、藤澤議長をはじめ自民党公認候補が全員当選できるように、私も江戸川総支部長としてしっかりと取り組んでいきます。

1 / 4

メールはコチラをクリックして下さい
  地図を見る