2022年01月
 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2022/01/26(水) 23:44

クリックすると大きい画像で見られます

 住宅対策促進議員連盟 活動報告会に出席した後、午後は、少子化対策調査会に出席し有識者からお話を伺いました。

 少子化対策は、出産・育児の負担を減らし後押しをするだけではなく、働き方改革など社会全体の意識改革を含めた制度変更など、幅広い取り組みが行われています。
 こうした中で、政府与党の少子化解決に向けた本気度を示すうえで、柱となるインパクトのある政策が必要です。
 私は、この柱として、海外で成果のあった現金給付の拡充を主張しています。

 夕方には、伝統と創造の会に出席しました。台湾海峡問題、皇位継承問題などの近時の課題や「保守と何か」など根本的な考え方などについて、今後、会としてどのように取り組んでいくかについて議論を行いました(写真上は、挨拶する稲田朋美会長)。

 続いて、地方議員出身の党所属国会議員で構成する「登龍会」に出席しました。
 河村建夫会長の衆議院議員ご勇退に伴い、新会長として、山本有二 元農水大臣が就任しました(写真下)。

 新型コロナウイルスの新規感染者は、東京都の14,086名をはじめとして、全国で71,633名となりました。
 誰がかかってもおかしくない状況となる中で、オミクロン株の特性を見極めながら、医療体制の維持、感染拡大防止と経済・社会活動の両立を実現していきます。

2022/01/25(火) 23:39

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、副幹事長として党役員連絡会に出席しました(写真)。

 午後には、「医療と地域の明日を考える会」に出席し、有識者の方から地域医療の新しい形についてお話を伺いました。

 続いて、中央政治大学院主催「まなびと塾」に担当副幹事長として出席しました。今日は、「新しい時代の国家ビジョンー幸福度世界一の国へ」をテーマに、参議院議員1回生の皆さんからそれぞれお話を伺いました。
 参議院議員1回生といっても、今年の夏には改選期を迎える皆さんでしたので、それぞれの5年半の議員活動の中での知見が披露され、興味深い内容となりました。

 新型コロナウイルスの新規感染者数は、東京都の12,813名をはじめ全国で62,613名となり、過去最多を更新しました。
 医療体制の維持に努めるとともに、学校や幼稚園、保育園などで学級閉鎖や休校、休園が増えてきており、施設で感染者が出た場合の対応に差異が見られることもあり、国として改めて一定の基準を示していくことも必要な状況となってきました。

 重症化率が低く、無症状も含め、誰が感染してもおかしくないという状況の中で、オミクロン株の特性を見定めた、これまでとは違う感染予防策を構築し、感染拡大防止と経済・社会活動の両立を図っています。

2022/01/24(月) 23:34

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、文部科学省初等中等教育局の教育デジタル化担当と、幼児教育の現場でICT活用を考える実務家の方との意見交換を行いました(写真上)。

 実務家の方から、小中高校におけるICT指導員制度の拡充や幼児教育におけるICT活用の現状などについて意見が出され、文部科学省の担当も現場の意見に強く関心を寄せ、今後の交流を深めていくこととしました。

 今日から、予算委員会での審議が始まりました(写真下)。
 
 新型コロナウイルス対策については、オミクロン株の特性を良く分析しながら、これまでの対策をどのように変え、医療体制の維持と経済・社会活動の両立を図っていくかが、様々な観点から議論されました。

 国民の皆様は、新規感染者数の増加、重症化率の低さなどをしっかりと踏まえ、冷静にオミクロン株の感染拡大を受け止めているように思います
 マスク着用、手指の消毒などを継続してくださる姿勢は、海外の国々と比べると稀有なことです。
 
 国民の皆様の冷静な受け止めを基礎にしながら、濃厚接触者の行動制限などについて緩和も含めて議論を行い、柔軟な対応が必要となってきています。

2022/01/23(日) 23:29

クリックすると大きい画像で見られます

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、様々な式典行事が中止となった週末でした。

 土日ではありましたが、連日、全国の新規感染者数は5万人を超える状況となっております。自宅療養者が増える中で、重症化率は低いとはいえ、医療機関との連携などをしっかりと行い、感染した方の安心・安全を確保する体制の維持が重要です。

 本日行われた、沖縄県名護市の市長選挙は、自民党と公明党が推薦した現職の渡具知 武豊(とぐち たけとよ)市長が2期目の当選を果たしました。
 アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画が進む中で、受け入れ先の地元である名護市長選挙で、2期連続自民党・公明党の与党推薦候補が勝利することは意義深いことです。

 渡具知市長の4年間の市政が評価されたことに加え、オミクロン株の爆発的な感染拡大の中にあっても、政府のコロナ対策が一定の評価を得ていることも勝因の一つになったことと思います。

 今年は、沖縄県知事選挙など沖縄県で多くの選挙が行われる年です。
 国政においても、沖縄県の地政学上の重要性をしっかりと伝え、世論を喚起していければと思います。

 愛犬と散歩をすると、寒さを強く感じる週末でした(写真)。
 寒い日が続きます。皆様も健康にはご留意ください。

2022/01/21(金) 23:49

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は朝から、海の日に関する海事振興連盟 臨時会合に出席しました。

 東京オリンピック・パラリンピックの関係で、2020年・2021年の「海の日」は東京オリンピックの開会式に合わせた日にちに移動していました。
 本来、海の日は、1876年(明治9年)に明治天皇が東北地方に巡幸した際、初めて軍艦ではない船である「明治丸」で航海し、7月20日に横浜港に入港して還幸なされたことを由来として、7月20日が「海の日」として1996年(平成8年)から国民の休日となりました。

 その後、3連休を多く作るという国民休日法の改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日が「海の日」となりました。

 海事振興議員連盟では、ハッピーマンデーによる3連休があることで、経済効果もあり、国民の憩いの時間となっていることを踏まえ、7月第3週の休日はそのままに、「海の日」は本来の由来のある7月20日に戻すべきと主張しています。
 
 その後は、衆議院内の幹事長室で、副幹事長として国会対応にあたりました。

 今日から、東京都を含む13都県で新たに、まん延防止等重点措置が適用となりました。
 飲食店での酒類提供が21時までになるなどの営業時間制限や人数制限が始まります。
 
 今日の新規感染者数は、東京都の9,699名をはじめ、全国で49,854名となりました。
 医療体制の維持と、経済・社会活動の両立の実現を目指しつつ、常に柔軟な対応を政府に求めていきます。

 岸田総理は、先ほどアメリカのバイデン大統領とオンラインによる首脳会談を行いました(写真)。
 コロナ後の経済や在日米軍における感染拡大防止などについて話し合いました。
 また、中国への対応や北朝鮮のミサイル発射などについても話し合われました。

 さらに、アメリカのTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への復帰を促すとともに、持続可能な経済発展の構築を目指し、両国の外務・経済閣僚による協議、経済版のいわゆる「2プラス2」の枠組みを新設することを決めました。

 ここ数日もアメリカの株安の影響で、日本でも株安となるなど、グローバル経済が進化する中においても、日米両国の経済は直結しています。
 コロナ禍の世界経済をリードしていく枠組みになることが期待されます。

1 / 5

メールはコチラをクリックして下さい
  地図を見る