2018年06月
 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
new!
2018/06/18(月) 23:12

クリックすると大きい画像で見られます

 今日の朝は、江戸川総支部執行部会・役員会を開催しました(写真上段、中段)。
 来年の区議会議員選挙に向けて、党公認申請などについてを議題として議論を行いました。

 今日、朝7時58分に大阪府北部において震度6弱の大きな地震がありました。

 現時点で4人の方が亡くなるなど、人的、物的被害も甚大なものとなっています。
 さらに、熊本地震の例を見れば明らかなように、内陸部を震源とする地震では同規模に近い形での余震に警戒していかなくてはいけません。

 いくつかの教訓を得ることもできました。

 通勤、通学の時間に重なったことで交通では大混乱が起きました。一定規模の地震などの災害の際には、学校は休みにし、企業にも協力を求め、不要不急の外出は控えるようにすべきです。

 携帯電話が一時通じなくなる地域が出るなど、災害の際には都市部では携帯電話やスマートフォンが無力化することも示され、ラジオなどの備えが重要です。

 また、今回の地震では、水道管の破裂やガスの不通などが多く確認されました。
 インフラが老朽化している都市部での地震の怖さを示されました。老朽化したインフラの点検・補修が急がれます。

 党本部では、二階幹事長、岸田政調会長、竹下総務会長の党幹部三役が出席し、対策会議が開かれました(写真下)。

 政府と連携して、自民党もしっかりとこの地震に対応していきます。

2018/06/17(日) 23:35

クリックすると大きい画像で見られます

 土曜日は、父の日を祝い、子どもたち4人とその配偶者、そして孫6人、妻と私の家族15人が勢揃いしました(写真上)。
 福島県天栄村で福島復興に取り組む三男も福島から駆けつけてくれました。

 こうして、子どもたち、孫たちが折々に集まってくれることは嬉しさもひとしおです。

 日曜日は、長年私を支援してくださっている会社の創業50周年のお祝いでご挨拶しました(写真中段)。
 50年もの間、会社を続け、従業員を雇い続けることは並大抵のことではありません。
 会長にも、会社の方々にも頭が下がる思いです。

 続いては、支援者の方のご子息の結婚式披露宴に出席し、祝辞を述べました。
 新たな門出をする二人に、家族の素晴らしさと二人で人生の様々を乗り越え歩み続けることの楽しさをお祝いの言葉として贈りました。

 午後には、江戸川消防団消防操法大会に出席し、挨拶をしました(写真下)。
 仕事や家庭の用事などの傍ら、日々防災活動や訓練に勤しみ活動してくださる皆様の日々の訓練の成果を拝見させていただきました。

 これからの長雨、台風のシーズン、地域をよく知る消防団の皆さんの防災活動は強い支えとなります。
 私も皆さんの活動がより充実し、円滑になるように国政で取り組んでいきます。

 今週は、通常国会の会期延長を含め、国会は山場を迎えます。しっかりと取り組んでいきます。 

2018/06/15(金) 23:07

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、江戸川区の「青少年の翼基金」への京葉鈴木財団による寄付受け渡し式に同席しました。

 青少年の翼基金は、国際感覚を持った人材の育成を目的に区内の青少年を海外に派遣する事業です。
 毎年、海外へと区内の若者を派遣し、昨年度はオーストラリア、ニュージーランドに派遣しました。

 青少年の翼基金は、篤志家のご寄付をもとにした「野村・立井国際交流基金」をその前身としており、今も篤志家の方々のご寄付に支えられています。

 京葉鈴木財団からも、財団の鈴木孝行代表の社会貢献、青少年育成の志のもと、毎年多額のご寄付をいただいています。

 鈴木孝行代表の志に敬意を表するとともに、今年度も青少年たちが海外でより良い体験をしてくれることを願っています。

 午後の本会議では、野党が提出した石井国土交通大臣への不信任案が審議され、否決されました(写真上)。
 そもそも石井国土交通大臣への不信任案提出自体が、国会審議をなんとか遅れさせ時間稼ぎをしようという目的の野党の国会戦術にすぎません。

 野党の小手先の駆け引きに惑わされず、国民のためにしっかりとした国会審議を行っていきます。

 夜は、松江地区連合町会 新旧理事懇親会に出席しご挨拶をしました(写真下)。

 松江地区の皆さんの関心の深い新小岩駅の現状について、関係機関からヒアリングした内容を簡単にお話ししました。
 新小岩駅では、2013年に工事の始まった南北自由通路が、6月24日からいよいよ開通します。
 
 南北自由通路の開通で、新小岩駅では改札口なども含めて駅施設がリニューアルされます。
 駅利用者はもちろん、住民の皆さんが通行しやすい新小岩駅になるようです。

 江戸川区内のJR各駅、都営新宿線の各駅ではホームドアの設置が進んでいます。
 新小岩駅では、今年中の運用開始を目指しています。
 都営新宿線では、篠崎駅、瑞江駅ではすでに運用開始。一之江駅では6月30日、船堀駅では7/21に運用開始予定です。

 ホームドアの設置により、ホームからの転落防止、列車への接触防止など、安全強化が図られることが待ち遠しいです。

2018/06/14(木) 22:56

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、電力安定供給推進議員連盟に出席しました。
 エネルギー基本計画についての議論がさまざまな会議で本格化しています。

 午後は、本会議に出席しました(写真)。
 今日の議題は、山際内閣委員長解任動議です。
 野党が解任動議を提出した理由は、カジノを含む統合型リゾート法案(IR法案)の審議時間が足りないのに法案採決をしようとしたことのはずですが、動議提出者が1時間以上語っていた大半は、森友・加計問題でした。

 そもそも審議時間が足りないのに採決をしようとしたことを解任動議の理由と言いますが、こうした延々と関係ないことを本会議で演説する行為には時間稼ぎという思いを持ち、憤りを禁じ得ません。

 内閣委員長の解任動議は否決されましたが、今度はIR法案を担当する石井国土交通大臣への不信任案を野党は提出しました。
 明日の本会議で審議することとなりますが、こうした野党の時間稼ぎを国民はどう思うのでしょうか。

 米朝首脳会談について、得をしたのは北朝鮮だけで、アメリカや日本は得るものがなかったという主張が、一部マスコミや野党の一部にあるようです。
 果たしてそうでしょうか?

 まず、これまでまともに国際社会と交渉してこなかった北朝鮮の金正恩委員長とア
メリカのトランプ大統領が会談したこと自体が大きな成果です。
 そして、非核化について北朝鮮が合意したことは大きな一歩です。具体的なことは
これから詰め、CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)へと至れば良いので
す。

 日本にとっては、北朝鮮がすでに解決済みとしてきた拉致問題について、日本と交渉することに前向きとなっていることは大きなチャンスです。
 この好機を掴み、これから全ての拉致被害者の返還という、日本にとっての解決のシナリオに乗せるのは、日朝間の交渉であり、日本政府の大きな挑戦です。

 これが成果でなくて、何なのでしょうか。
 与党の一員として、安倍政権の拉致問題解決への挑戦を後押しし、しっかりと支えていく決意です。

2018/06/13(水) 23:10

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、江戸川区食品衛生協会 総会懇親会に出席し、挨拶をしました(写真)。

 江戸川区食品衛生協会では、食品を扱う業種の皆さんが行政などとも連携して、食の安全と安心を守り、食品衛生管理を担ってくださっています。

 梅雨に入り、夏に向かっていく中で、食中毒などが増えるシーズンです。こうした時期は特に、協会の皆さんが一丸となって、食の安全・安心のために、衛生管理だけではなく啓発広報活動にも取り組んでくださっています。

 江戸川区食品衛生協会では、12年間、会をまとめ引っ張ってきた小泉定雄会長から、田中新会長へとバトンタッチしました。
 これまでそのリーダーシップで会を盛り上げてくださった小泉会長に敬意を表するとともに、田中新会長のもと、さらなる会の発展をご祈念するところです。

 昨日の米朝首脳会談を受けて、様々な評価、議論がなされています。
 昨日の共同声明は、トランプ大統領も述べているように、包括的なものであり今後の道筋を示し、入り口に立ったものといえます。

 これから具体的なプロセスに至る議論が始まり、非核化やミサイル、そして日本人拉致問題についても交渉をしていき、北朝鮮に行動と解決を実現させることになります。

 これまで交渉のテーブルにもつかず、前へと進もうとしなかった北朝鮮を、国際社会の舞台に引っ張り出したことは大きな歴史の転換点になるはずです。

 朝鮮戦争の終結、北朝鮮の非核化を進める中で、日本人拉致問題を解決する。この好機を日本は必ず生かさなくてはいけません。

 そのためには、アメリカ、韓国、中国、ロシアなどの関係国を中心に国際社会との連携が欠かすことができません。
 安倍総理が長年積み上げてきた各国首脳との信頼関係を基礎に、北朝鮮との交渉に粘り強く取り組まなくてはいけません。

1 / 3

メールはコチラをクリックして下さい
  地図を見る