2019年02月
 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019/02/21(木) 23:45

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、官邸での政務官会議からスタート(写真上)。

 官邸では、東京オリンピック・パラリンピックのPRのために、オリンピックパラリンピックのマスコットが飾られています(写真中段)。

 今日は一日、総務委員会での審議でした。議題は、予算関連法案である地方税関連4法案でした。
 4月からの来年度予算をスムーズに執行するために、3月中に予算だけではなく、関連法案も成立させなくてはいけません。

 夜は、地元へと戻り、鹿倉勇さんの総決起大会に出席しご挨拶しました(写真下段)。
 
 鹿倉さんは、4年前の区議会議員選挙で惜しくも次点となりました。
 この4年間、町会活動や地域活動に勤しみ、地域の声を聞いてきました。
 自民党公認を得て、再び区政に挑戦する鹿倉勇さんの勝利のために、自民党江戸川総支部長として、私もしっかりと取り組んでいきます。

2019/02/20(水) 21:53

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、南篠崎小学校が国会見学に来てくれました(写真上)。
 今年度の江戸川区の小学校の国会見学は今日の南篠崎小学校で最後でした。今年度は50校以上の小学校に挨拶させていただきましたが、学校それぞれに個性があって、印象的でした。

 子どもたちの未来を築いていくためにもしっかりとした政治を行わなくてはいけません。

 総務省での公務の後、東京「竹島の日」大集会に出席しました(写真下)。
 2月22日は、島根県が条例で定めた竹島の日です。竹島の日を前に東京で集会が開かれました。

 日韓関係は、いわゆる徴用工問題、レーダー照射問題、韓国国会議長による天皇陛下に対する非礼極まりない発言などにより、かつてない程に冷え込んでいます。

 竹島問題においても、韓国の海洋調査船による我が国領海における航行が明らかになるなど、ゆゆしき事態が継続しています。

 竹島は我が国固有の領土であり、歴史的経緯から見てもそのことは明らかです。
 国際社会に対して、しっかりと竹島は我が国の領土であることを主張し続け、韓国による不法占拠を改善しなくてはいけません。

 夜は、高木毅 元復興大臣のパーティーに出席しました。
 高木毅先生は、原子力発電などエネルギー政策でご指導いただき、共に活動することが多い先輩議員です。
 会場には、高木先生を応援する多くの方々が集いました。

 今日は暖かな日となり、日中は少し歩くと汗ばむほどでした。
 季節の変わり目は体調を崩しがちです。皆さん、ご自愛ください。

2019/02/19(火) 21:48

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、朝から総務委員会に出席しました。

 今日の議題は、大臣所信に対する質疑で、私も総務大臣政務官として答弁に立つなど、政府側での出席となりました(写真)。

 議題は、総務省所管事項全般に及び、地方偏在是正の問題、東京一極集中など地方自治、地方財政に関する課題について議論が行われました。
 統計における不適切な処理に関する問題についても、多くの質問がなされました。

 統計は、国の現状を示す国の根幹であり、政策を立案する上での基礎となる情報です。
 この統計を狂わした厚生労働省をはじめ、各省の統計部門、また総務省の統計部門
には猛省を促し、再発を防止すべくしっかりとした調査をしていかなくてはいけません。
 統計及び行政評価を所管する政務官として、しっかりと調査を行い、原因の究明、統計の信頼回復に取り組んでいきます。

 今日は終日、総務委員会でした。

 夜は、地元江戸川へ戻り、東京都宅建政治連盟江戸川支部の皆さんとの意見交換会に臨みました。
 
 今週は、予算委員会と並行しながら、予算関連法案の審議が総務委員会や財務金融委員会で行われていきます。

2019/02/18(月) 23:40

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、区議会自民党の議員総会に伺い、国政報告とご挨拶をしました(写真上)。
 4月に区長選挙に挑戦する斉藤猛(たけし)前教育長もいらっしゃいました。

 その後、4月の区議会議員選挙の公認証授与式を行いました(写真中段)。
 自民党の公認は17名です。江戸川総支部長として、公認17名全員の勝利を掴むべく、しっかりと取り組んでいきます。

 夜は、上杉謙太郎 衆議院議員のパーティーに出席しました。
 上杉謙太郎議員は、当選1期、43歳の若武者で、私と同じ清和政策研究会に所属する同志です。

 福島県第3区を選挙区としており、私の父が福島県只見町出身であることから、福島県の課題などで共に活動することもあります。

 若い力で国政の様々な課題に挑む上杉謙太郎議員を応援する皆さんで会場は盛り上がっていました。

 続いて、地元へと戻り、東京都理容生活衛生同業組合江戸川支部「新年会」に出席しご挨拶しました(写真)。

 組合員の技術向上、衛生面向上に努める、村上正明支部長をはじめ役員の皆さんや街の床屋さんである組合員の皆さんから、様々なお話を伺いました。

2019/02/17(日) 23:40

クリックすると大きい画像で見られます

 土曜日は、斉藤まさたか区議後援会 新春の集い・斉藤つばささんを励ます会に出席し、ご挨拶をしました(写真上)。

 小岩地区を中心に江戸川区の振興のために尽くされてきた、斉藤まさたか区議は、今期限りでの勇退を決められ、この4月の区議会議員選挙には、ご子息の斉藤つばささんが自民党公認候補として挑戦する予定です。

 斉藤つばささんは、父まさたか区議、祖父熊蔵区議の思いを継ぎ、地元小岩地区のために区政に挑戦します。

 私も自民党江戸川総支部長として、しっかりと応援していきます。

 日曜日は、尾原家流宗家新年会に出席しました。
 宗家の尾原家万次郎女先生を中心に、津軽民謡舞踊の稽古に励み、日本の伝統芸能の普及に努めておられます。
 会場には、尾原家流の方々だけでなく多くの方が集い、盛り上がりを見せました。

 午後には、江戸川区倫理法人会 倫理経営講演会 懇親会に出席し、ご挨拶をしました(写真中段)。

 倫理を経営に取り入れ、愛、信頼、平和といった人として当然のことの大切さを説いてくださる皆さんとともに、交流のひと時を過ごしました。

 夜は、中山たかひと区議会議員の新春の集いに出席しご挨拶をしました(写真下)。
 4月の区議会議員選挙に向けて、会場には中山区議を応援する方々が集い、気勢をあげました。

 私も中山区議を含め、自民党公認候補17名全員の当選を目指し、頑張ってまいります。

 衆参両院の議院運営委員会は、河野外務大臣のドイツ出張を了承しませんでした。立憲民主党などによる反対によるものです。

 産経新聞によれば、日韓関係などにおける様々な課題について国際社会の理解を得る絶好の機会でもあり、重要な外交日程であるにもかかわらず、国益よりも安倍政権に打撃を与えること優先したとしか思えない行動で、国民からすれば、政権の足を引っ張ることを優先した嫌がらせにすら見えると報じています。

 日本の閣僚の国会出席時間は、先進国の中でも群を抜いて長く、特に外交を担当する外務大臣が答弁するわけでもなく委員会室に座り続けていることの是非は、以前からの課題でした。
 国益のために、しっかりとした議論が重要です。
  

1 / 4

メールはコチラをクリックして下さい
  地図を見る