2020年03月
 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020/03/30(月) 23:39

クリックすると大きい画像で見られます

 昨日の日曜日は、都内でも積雪が観測され、我が家の庭も雪景色となりました(写真上)。

 今日は、自民党都連国会議員会議に出席し、新型コロナウイルス対策など都政の課題について議論を行いました。

 午後には、党本部で、経済成長戦略本部・新型コロナウイルス肺炎等対策本部合同会議が行われました(写真下)。
 4月上旬の補正予算提出に向けて、党としての経済対策への提言を議論しました。

 まず、新型コロナウイルスにより困窮する世帯に対し現金給付を、中長期的な対策として景気対策を行うとともに、雇用を守るべく中小企業融資などにあらゆる施策を尽くします。
 経済対策の規模は、リーマンショックの際を超える規模となります。

 夜に、東京オリンピック・パラリンピックの日程が大会組織委員会とIOCの間で合意され、決定しました。
 オリンピックは来年7月23日に開幕する17日間の日程に、パラリンピックは8月24日開幕の13日間の日程となりました。

 来年7月の開催が決まったことで、開催への準備が加速していきます。
 延期開催という史上初の挑戦で、課題は山積していますが、国民一丸となって乗り越えていきましょう。

 まずは、日本国内の新型コロナウイルスの収束のために、引き続きのご協力をお願いいたします。

2020/03/28(土) 23:40

クリックすると大きい画像で見られます

 安倍総理は、本日、国民に向けて記者会見を行いました(写真)。

 新型コロナウイルスについて、「日本は欧米とは異なって、現状ではまだぎりぎり持ちこたえています。しかし、それゆえに、少しでも気を緩めれば、いつ急拡大してもおかしくない」状況であると述べ、国民に、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けての行動を改めて求めました。

 欧米の例から見れば、感染爆発が起きれば、感染者数は一気に30倍以上になってしまいます。

 東京都など1都4県では外出自粛が求められるなど、国民がいわゆる「コロナ疲れ」とも言える状況にあることを踏まえつつ、感染爆発(オーバーシュート)を防ぐための行動を要請しました。

 かつてない厳しい状況に陥っている現下の経済情勢については、まず、先日成立した本予算により、事業規模26兆円の対策を実施し、さらに、2008年のリーマンショックの際の経済対策(国の財政支出15兆円、事業規模56兆円)を上回る規模での経済対策を10日以内に取りまとめ、国会に提出し、4月下旬には実現します。

 G7、G20においても、世界各国は経済対策及びワクチン、特効薬の開発などについて連携していくことを確認しました。

 安倍総理は、国民に長期戦の覚悟をお願いするとともに、長く暗いトンネを抜け、東京オリンピック・パラリンピックの開催を目指していく決意を述べました。

 前を向いて進むために、政府・与党は一丸となって、国民のために取り組みます。

2020/03/27(金) 23:27

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、副幹事長として、衆議院内の幹事長室で国会対応にあたりました。
 国会対応の合間に来客対応をし、様々な意見交換を行いました。

 本日、参議院本会議で令和2年度本予算が可決されました(写真)。
 一般会計で、約102兆6,580億円と過去最大規模となりました。新型コロナウイルスの影響により、経済に大きな打撃が出る中で、来年度予算の成立は大きな力となります。

 来年度予算の成立を受け、さらに新型コロナウイルスの影響に対する大規模経済対策のための補正予算策定に向けて、政府は動き出します。
 すでに、政府・自民党ともに、各業界団体を含め様々な業種の方々からヒアリングを行い、効果的な施策を検討中です。
 4月中の成立を目指し、補正予算の閣議決定・国会での審議を行います。

 今週からの週末から、東京都は外出自粛を要請しています。
 新型コロナウイルスの感染爆発(オーバーシュート)を防ぐために、埼玉県、神奈川県、大阪府でも外出自粛が要請され、愛知などの16府県で東京への移動を自粛するよう要請されています。

 国民一丸となって、冷静に行動し、この重要な局面を乗り切りましょう。

2020/03/26(木) 23:29

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、朝から原子力特別委員会に出席し、関西電力の不適切な金品の授受などについて質疑が行われました。

 日中の公務の合間に、国会前の憲政記念館を訪れると、桜が咲いていました(写真上)。
 桜が満開とのニュースですが、国会周辺の桜は、日の当たり方などによるのか、7分咲きという感じの気が多かったです。

 今日は、硫黄島問題懇話会に出席しました。
 硫黄島における遺骨収集事業関連予算、特に硫黄島の自衛隊滑走路下の調査などについて議論が行われました。
 今年は、硫黄島の戦いがあってから75年の節目の年です。3月開催予定の日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式は新型コロナウイルスの影響で延期となりましたが、硫黄島の戦いの指揮をした栗林忠道中将の孫にあたる新藤義孝 議連幹事長を中心に議連は精力的活動しています(写真下)。

 午後は、本会議に出席しました。

 政府は、新型コロナウイルス特措法に基づく対策本部を設置しました。これにより、緊急事態宣言を行うための前提条件は整い、オーバーシュート(感染爆発)などのさらなる深刻な事態に備える形となりました。

 夜、小池都知事は、安倍総理と会談し、東京都での感染者の増加に伴い協力を要請しました。

 都知事は、都民に対し、週末の外出自粛を要請するとともに、平日においてもできる限りの外出自粛を要請しています。
 北海道の鈴木知事が迅速に対応することで、事態を最小限の拡大に抑えたことに比べると遅きに失した感はありますが、まずは、新型コロナウイルスに対応するために、専門家会議の言う「3つの『密』(密閉、密集、密着)」を避け、この事態を乗り越えましょう。
 

2020/03/25(水) 23:24

クリックすると大きい画像で見られます

 今日は、国会木鶏クラブの会議で、二宮金次郎の7代目(昆孫)にあたる、中桐万里子氏に「二宮金次郎の行動哲学」について講演していただきました(写真)。

 以前は、小学校の校庭に必ずと言ってもいいほどあった二宮金次郎の銅像。薪を背負い勉学に励んだ姿がよく知られていますが、今でいう経営コンサルタント・アドバイザーとして、600以上の村の復興を手掛けた人物です。
 現代にも通じ、現代にこそ求められる、二宮金次郎の行動哲学について、二宮金次郎の子孫である中桐氏からお話を伺いました。

 夜は、党幹部との意見交換会に臨みました。

 今日は、昨日東京オリンピック・パラリンピックの延期が合意されたこともあり、会う人会う人とその話題となりましたが、前向きに取り組み、東京五輪を成功させなくてはいけません。

 東京都での新型コロナウイルスの感染者が増えています。国と東京都で連携しながら、専門家の分析を踏まえつつ対応していかなくてはいけません。

1 / 6

メールはコチラをクリックして下さい
  地図を見る